運営方針

教育方針・学校運営

(1)教育目標

学校教育目標

「豊かな心を持ち 自ら伸びる富田っ子」の育成

めざす児童像
知 基礎・基本を習得し、活用できる子 ともに学び
 自他を大切にし、友だちを思いやれる子 みんな仲よく
 体をきたえ、健康で規則正しい生活を送れる子 たくましく
めざす学校像
学校像
○いきいきと主体的に学ぶ子どもの姿がある学校
「いきいきと自分の考えを表現し,主体的に学びあう子をめざして」
○かけがえのない命を大切にし、お互いが認め合い高め合う学校
○豊かな環境(自然環境、学習環境、人的環境)がある学校
《本年度の目標》
○主体的・対話的で深い学びの実現を図る。
○児童一人ひとりが活躍できる場をつくる。

(2)経営方針

①「知識基盤社会」の時代において「生きる力」を身につけた児童を育成する。
・生涯学習社会を見すえた基礎的・基本的な知識・技能と、それらを活用して課題を解決する力の育成に努める。
・各教科において、「読む・書く・聞く・話す」といった言語活動を充実させ、思考力・判断力・表現力を育む授業改善に取り組む。
②生命尊重の精神を基盤とし、豊かな人間性を育む。
・教育活動全般を通し、体験活動や道徳、体育の充実を図り、豊かな心を培うとともに、自他の人権や生命を大切にする児童の育成に努める。
安心・安全で楽しい学校づくりに努める。
・学校事故や交通事故、自然災害、いじめ、青少年の凶悪事件等から児童を守るために、日頃から危機対応能力を高め、安全の確保に努める。
・児童の一人一人に居場所があり、誰もが明るく、楽しく充実した学校生活が送られるよう、互いに認め合い、支え合い、高め合っていくような学級・学校づくりに努める。
④地域から信頼される学校づくりに努める。

・保護者をはじめ、地域の人々の学校に寄せる期待の大きさを自覚し、学校評議員制度を活用するなど、保護者や地域の意見を学校に反映し、地域に信頼される学校づくりを推進する。
保護者や地域の人々の声を謙虚に受け止め、積極的に地域との交流を図るとともに地域の人材を有効に活用し、教師の専門的知識や技能を活かすように努める。
⑤教職員の使命感と実践的指導力の向上に努める。
・子どもや保護者の願いを実現するため、教師自身が理想の人間像を持ち、協働の精神で児童をよりよい方向に導く。
・子どもの能力・興味・関心に即したより適切な学習指導をめざし、教職員としての専門的知識を身に付けるため、組織的・計画的に研修を推進する。
・ベテラン教員や中堅教員が、これまでの経験や教育技術を伝承し、若い教職員の育成に努める。