学校案内

学校長あいさつ

 本校は、1892年(明治25年)に下里尋常小学校として創立された、長い歴史と伝統のある学校です。学校の西側には、赤松氏の城跡善防山がそびえたち、日々、子どもたちと下里の人々を見守っています。

 本校の今年度の学校教育目標は、「明日に向かって きらきら瞳 輝く子」です。本校のシンボルマークである「みつぼし」の頭文字をとって、「見つける子」「ほほえむ子」「じょうぶな子」を合い言葉としました。子どもも教職員も、みんなでこの合い言葉を胸に、明日(未来)に向かって、今日(今)よりも成長した自分となれるよう、自分自身で目指す高みを意識し、到達するための努力をし続ける、そんな学校を目指します。

 この下里の地域の人々に脈々と流れるエネルギーは、『下里魂』と呼ばれ、語り継がれてきました。自分が決めたことにとことん取り組み、困難なことに立ち向かっていく逞しさは、まさしく『下里魂』の現れです。一方、周囲に困っている人があれば、声をかけ、手助けせずにはおれない、人情の厚さも『下里魂』そのものです。

 私たち教職員は、子どもたちの『下里魂』を発揮させるために、日々、子どもたち主体の授業や生活を工夫し、友達とつながり合って考えを深める楽しさを実感させていきます。また、子どもたち一人一人と向き合い、その心に寄り添って適切な声かけも行いながら、子どもたちが夢や目標の実現に向け、「わくわく感」を持ってチャレンジし続けることができるよう、励ましていきます。

 善防山のふもと、子どもたちの声が高らかにこだまする日々が、これからもずっと続きますよう、保護者・地域の皆様には、ご支援・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

加西市立下里小学校長  岩見 直美