運営方針

教育方針・学校運営

学校教育目標

こころ豊かなたくましい賀茂っ子の育成

- 夢や希望を抱き 未来をつくりだす子に -

指導の柱
かしこく自ら学ぶ力と表現力のある子
やさしく豊かな感性と思いやりのある子
たくましく健康で体力・気力のある子
めざす児童像
考えながら聞く子思考力、判断力の育成
自信を持って話す子表現力の育成、自尊感情の向上
さわやかなあいさつをする子自他を大切にし、思いやる心の育成、地域愛の醸成
いのちを大切にする子人権を大切にする力の育成、道徳性の涵養、健康の保持増進

本年度のスローガン

元気いっぱい、笑顔いっぱいの賀茂小学校

- わくわくして登校、満足して下校 -

学校経営方針

  • ① 学習意欲を高める授業をとおして、自ら学びに向かう力を育み、基礎・基本の徹底を図る。
  • ② 道徳教育を核とした人権教育、特別支援教育、キャリア教育の充実を図る。
  • ③ 家庭や地域と連携し、学校と保護者と地域が一体となった教育活動を推進する。
  • ④ 教職員としての職責を自覚し、専門性を高めるとともに、働き方改革を推進する。

本年度の取組(抜粋)

  • ・ 外国語科の完全実施に向けた外国語教育の充実を図る。
  • ・ 読み聞かせ、親子読書、てのひら文庫感想文の取組を推進し読書活動を充実させる。
  • ・ 授業や体験活動等の目標を提示し振り返りを充実させる。
  • ・ 他者とかかわり自己をみつめる中で、心の成長が実感できる道徳教育を充実させる。
  • ・ 児童の実態に即した指導計画を策定し、教育課程の横断的な道徳、人権教育を推進する。
  • ・ ともに生きる社会の実現をめざした人権教育を推進する。
  • ・ 学校いじめ防止基本方針に則りいじめの未然防止と早期発見、早期対応に努める。
  • ・ 教育相談を充実し、保護者と連携して個々の悩みや問題行動に即応できる協働体制を整備する。
  • ・ 児童会活動や学級活動を活発にし、集団生活の基礎基本を身に付ける。
  • ・ ラジオ体操を基本に体育的活動を充実し、基本的技能の習得と達成感の育成を図る。
  • ・ 地域人材を活用した体験活動(ハリマ王ニンニク収穫体験、紫黒米の稲作体験等)を推進し、食育の充実と健康意識の向上を図る。
  • ・ ワッショイスクールや子ども見守り隊等の活動と連携し、安全面を強化する。
  • ・ 県や市の関係機関と連携し、児童に専門的な指導が行えるよう支援体制を整える。