運営方針

教育方針・学校運営

学校教育目標

こころ豊かなたくましい賀茂っ子の育成

目指す児童像
かしこく自ら学ぶ力と表現力のある子
やさしく豊かな感性と思いやりのある子
たくましく健康で体力・気力のある子

学校経営方針

〈生きる力を育む教育の推進〉

  • 児童,職員,家庭,地域住民等,みんなが賀茂小学校に通ってよかった,賀茂小学校で学んでよかったという,「笑顔あふれる学校」をつくる。
  • 2新学習指導要領の主旨をふまえ,各教科における基礎・基本の徹底を図り,言語活動(対話力・表現力)を充実し,児童の主体的な学びを育む。
  • 3児童一人一人の命と人権を最優先し,全教職員が「いのち」の大切さや「いじめ」問題の重大性を認識し,連携を密にした指導にあたる。また,道徳教育・人権教育・防災教育・特別支援教育・情報教育・食育等,共に生きる社会の実現をめざした教育を推進する。
  • 4地域の自然や文化にふれる体験活動等,多様な学びの機会を充実させる。地域にしっかりと根づき,自分の体を通して学ばせることを大切にしながら,知・徳・体の調和のとれた児童の育成に努める。
  • 5地域から信頼され,愛される学校づくりを推進する。家庭・地域社会と一体となって,心のふれ合いを大切にした学校づくりに努めるとともに,学校評価結果をいかして開かれた学校づくりを推進する。
  • 6教育公務員としての自覚と責任,モラルの高揚を図り,校内研修の実践を通し,教育のプロとしての資質・能力の向上を図る。