交通アクセス / リンク / お問い合わせ

運営方針

教育方針・学校運営

学校教育目標

未来を拓く たくましく心豊かに自立する泉っ子の育成

1.「学校は学ぶところ」を念頭に、確かな学力の定着と学ぶ意欲の育成
2.「学校は鍛えるところ」を念頭に、心身を鍛えねばり強く積極的に取り組む態度の育成
3.「学校は心はずむところ」を念頭に、地域・保護者と連係し、笑顔いっぱいの学校づくり

 

 

 

めざす児童像
よく考え進んで学ぶ子
基礎学力と豊かな表現力を身につけ、主体的、意欲的、協働的に学ぶ。
○自ら学ぶ意欲、学びあう心を育成する。
・自分の考えを持ち、豊かに表現する。
・課題を持ち、追求する力を身につける。
・良さや違いを感じて聞く習慣を育てる。
○基礎基本の徹底を図る。
・聴く力・話す力をつける。
・読む力をつける。
・精いっぱいがんばる。
・腰骨を立て、姿勢を正す。
○体験や活動を大切にした授業を工夫する。
・多様な発想を生かし個々のよさを伸ばす。
・本物からの感動を大切にする。
・生きた学力を育てる。
みんなと仲良くする子
自分や友達を大切にし、違いを認め合い共に生きる喜びを味わわせる。
○共に生きる心を育む。
・相手の気持ちを考えて行動する。
・約束を守り、協力する。
・明るく、笑顔で、進んで挨拶が出来る。
○豊かな心を育む。
・人も動物・植物も自然も大切にできる。
○福祉の心を育てる。
・ボランティア活動をする喜びを知る。
○ふれあいの場を広げる。
・高齢者・障害者・地域の人、自然・文化遺産、異文化などとのふれ合う場を求める。
明るく元気な子
心も体も健康であることの大切さと喜びに気づき、進んで心身を鍛える。
○心と体を鍛える。
・友と汗を流して遊ぶ楽しさを知る。
・目標を持って自分の能力にチャレンジする。
・最後まであきらめずにがんばる。
○安全教育の徹底をはかる。
・人自他の命を大切にする。
・安全に気をつけて行動できる態度を身につける。
・健康の大切さを知り、実行しようとする心を育てる。

学校経営の方針

 新しい時代を担う子どもたちの生きる力を育むために、学校教育においては、子どもたち一人一人が自分らしさを発揮しながら自立する人間として育つように、保護者や地域と連携しながら、確かな学力と自ら考え、判断し、行動する力、違いを認め合い共に生きようとする豊かな心を育てる責任がある。そこで、花のある美しい学習環境の中で、子どもたちが自らを鍛え、学ぶ喜びや育つ喜びの笑顔が輝く学校、保護者や地域から信頼される学校づくりをめざし、次の項目を本年度の重点課題として全教職員が協働して取り組む。

1.確かな学力の定着
・学習習慣の育成と個に応じたきめ細かな指導によって、基礎的・基本的な学力の定着を図る。
・言語活動や読書指導を一層充実させ、読む力と自分の考えや思いを工夫して表現する力を育てる。
・問題解決型学習をより一般化し、学び合い活動により思考力・判断力・表現力を高める。
・ICTを活用した授業の改善に努める。
2.道徳教育や人権教育、体験活動の充実と豊かな心の育成
・命と人権を最優先に、互いの違いを認め尊重し、いじめや差別のない人間関係づくりを推進する。
・道徳の教科化に向け、心に響く道徳学習に努め、体験活動を通して道徳的実践力を高める。
・キャリア教育を推進し、体験活動や様々な人との出会いを通して自分を発見し、自分の将来について考える。
3.特別支援教育の一層の充実
・個に応じた指導計画・支援計画をもとに、指導法を工夫するとともに、常にその評価・改善を図る。
・インクルーシブ教育の趣旨を理解し、全教職員で合理的支援に取り組む体制を構築するとともに、関係機関との連携を一層強化する。
4.自らの命を守る健康・食育・安全・防災教育の推進
・個に応じた目標をもって身体を鍛え、生涯にわたって運動に親しむ資質や能力の基礎を育む。
・防災教育や安全指導により、児童の安全意識と危険を予知したり回避したりする能力を高める。
・保健指導や食育によって、健康な暮らしをしようとする実践的態度を育てる。
5.主体性・創造性を育てる特別活動の展開
・児童会活動や学級活動を通して、学校生活を自ら工夫してよりよくしようとする意識と態度を育てる。
・縦割り班活動により、異年齢間のふれあいを深める。
・花のある学校づくりや美化活動を通して愛校心を育てる。
・飼育や栽培などの体験活動を通して、生命の尊さや動植物に対する愛情を育み、自然への畏敬の念や飼育・栽培活動に自主的に取り組む意欲を高める。
6.児童理解に基づく生徒指導の推進
・親身に寄り添い、厳しさと優しさの調和がとれた指導を全職員が連携して取り組む。
・愛と信頼を基盤に、まず傾聴し、一人一人に応じたきめ細かい指導を行う。
7.家庭・地域との連携による開かれた学校づくり
・PTA、学校評議員、学校評価委員、ワッショイスクール協力員等とのコミュニケーションに努めるとともに、学校だよりやホームページ、オープンスクール等をいかして情報を発信し、連携強化と信頼される学校づくりに努める。
・地域での学習や地域人材の活用など、地域の教育力をいかした学習の充実を図る。
8.幼・小・中の円滑な接続
・児童と生徒間の交流や教師間交流を深めるなど、小中連携プランに基づく小中連携を一層推進することで、中学校への円滑な接続を図り、中1ギャップの解消を目指す。
・幼小、小小間の連携をさらに深め、広い視野での指導と仲間づくりの充実を図る。
9.教職員のプロ意識を高め、指導力向上を図る研修の充実
・「教えるプロ」としての指導力向上をめざし、授業研究等の研修を計画的に実施する。
・コンプライアンス(体罰やセクハラ防止・情報管理)についての研修を定期的に実施し、資質向上に努める。
・若い人材が自信を持って意欲的に指導できるよう、全教職員が一体となって若手の育成に努める。